クラウドソーシング「ランサーズ」 進撃の巨人 5巻(ネタバレあり) こみっくレビュー(漫画感想口コミサイト)
FC2ブログ

進撃の巨人 5巻(ネタバレあり)


進撃の巨人(5) (講談社コミックス)購入はこちらから

進撃の巨人(5) (講談社コミックス)購入はこちらから
<公式レビュー>

 6巻に表記なし


<みっくレビュー>


 ●感想

 なんか巻を重ねるごとに新たに分かった事や、考える事が増えていってないですか?
 と考える今日この頃・・・
 このネタバレありのページのレビューという名の考察長文を毎回真面目に読んでくれている人がいるか分かりませんが、私は巨人に屈しない。
 頭の疲労的な意味で。(ちょっとイルゼを意識しました)

 そんな私を今回癒してくれたのがリヴァイ兵長☆
 エレンを躾ける兵長、お掃除姿の兵長・・・どれも素敵ですね!
 お掃除の回で思いついた小ネタ「その日 人類は思い出した。ハウスダストに支配されていた恐怖を・・・掃除に追われていた屈辱を」

 他、思った事は以下の長文にて。


 ●今回巨人について分かったこと

 ・人の足の速さでは巨人から逃れられない。馬で逃げるのが主流だが、個体によっては馬の走力を上回る事もある。

 ・奇行種・・・すぐに人を食べない者もいる。どうやら通常種のルールに当てはまらない行動が予測できない巨人を一括りに奇行種と呼んでいるようです。
  でもやっぱり乙女チックな走りなのはどうしてなのでしょうかwもしかして見分けかたって・・・そこ?w

 ・意味のある言葉を発する事ができる者もいる

 ・(一部の?)巨人の上の立場には「ユミル様」という者が居て、その者を敬う気持ちを持っている

 ・人類は過去5回、巨人の捕獲に成功している。以下今回の調査を含めて分かった事です。
  意思の疎通はできない。(イルゼの手帳編は超レアケース?)
  活動に必要なのは日光だが、なくなってから活動が鈍くなるには個体差がある。(長期間日光を遮ったら死ぬのかは不明)
  発声器官はあっても呼吸を必要としない。(確かにエレン巨人も他の巨人も戦闘時に雄叫びのようなものはあげているので発声はできるのでしょう。
  例外?でイルゼの手帳の巨人は呼吸している)
  痛みに敏感な巨人とそうでない(無感の)巨人がいる。

 ・巨人の体はその質量にあるべき重量には到底達していない。

 ・エレン巨人は、人間の状態でも肉体が蘇生する。(むしろ巨人化時より早い?)

 ・エレンが巨人化するのは自傷行為をした時。(最初に巨人になった時だけそのシーンがなかったので人肉食いだと思ってましたが、あの後自傷したんで
  すね。)


 ●みっくは次に誰が死ぬか100%予知できる力を手に入れた!

 なんて大げさな事を言っておいて実は小さな発見なんですけどね。
 5巻コミックス裏表紙カバーを見てください。

 1人居なくなってませんか?

 そもそもこの絵は何かというと、ジャケットの柄からして訓練兵団、人数10名ですよね。
 これは104期訓練兵団の上位10名の後姿ではないでしょうか?
 分かりにくい人もいますが髪型などからそうだと断定できます。
 アルミン・・・活躍いっぱいしてるのにハブられたのね;;

 そして居なくなったのはおそらく前巻で死んだマルコです。
 死んだ人はこの絵から消えていくようです。

 今までのを振り返ってみると、2巻でエレンが消えかかってます。
 1巻で巨人に飲み込まれて死にかかってましたもんね。
 勘のいい人はこの時点で裏表紙のルールに気づいてたかもしれないなぁ。

 つまり、知ってるのより2巻先の単行本があれば次の巻で誰が死ぬのか分かってしまうのです!
 ネタバレ嫌な人は今すぐ読んでない巻を表向けて裏は見ないで!!

 よく見たら分かると思いますが、念のため10名の並び順を・・・
 左からミカサ、ライナー、ベルトルト、アニ、エレン、ジャン、マルコ、コニー、サシャ、クリスタです。


 ●イルゼの手帳

 この回により巨人の新たな面が色々と発見できました。
 「今回の巨人について分かった事」にも書きましたが、人間を「ユミル様」自分自身を「ユミルの民」とし、ユミル様を敬っている事が分かります。

 言葉は完全には理解できていないのか、言葉を発するのが難しいのか、完全な会話は不可能なようです。

 また、いくら「ユミル様」といえども敵意いっぱいに罵倒されれば食べてしまうようです。
 自傷している事から、それを我慢しているのが伺えますが、本能には逆らえないようです。

 もしかして普通の巨人は本来「本能モード」がオフにされていて少し話せて、人間は食べず、何かのきっかけで本能に従って行動するようになってしまうの
 ではないでしょうか?

 知性のある巨人の例になってしまいますが、エレンだって人を食べませんものね。
 制御できずミカサを襲った時も掴み取ろうとしないで叩き潰そうとしてました。


 ●調査兵団のジャケットには名前が入っている

 イルゼの手帳でイルゼの死後、ハンジがジャケットを見てイルゼの名前を判別している。
 また、調査の回数ごとに回数の入った腕章がつけられるようです。

 4巻では巨人の吐いた跡を見て、誰が誰だか分からないと言っていたり、死体となったマルコの名前が尋ねられている事から、訓練兵団と駐屯兵団には
 ジャケットに名前は入れられていないと思われます。

 調査兵団の遺体からも追跡調査できるようにとの措置でしょうか。


 ●壁を敬う宗教団体

 ニック司祭が壁の事を「神の英知」「神より授かりしローゼの壁」「人知の及ばぬ神の偉業」と言っている事から、壁は最初からあった説がさらに有力になった
 と思います。
 怪しい宗教団体のたわ事にも見えますが・・・

 あと服のデザインが3重の壁を表してる。凝ってますね。

 エレンを「壁を欺き侵入した害虫」と言いましたが、「欺き」ってどういう事でしょうか??
 壁には巨人を寄せ付けない「虫除け効果」みたいなのがあるんでしょうか。
 でも現在ウォール・マリア(一番外側の壁)の内側は巨人でいっぱいです。
 3巻では壁に直接触れている巨人の姿が見られます。
 何かが機能しているとは思えません。

 ただ、超大型巨人や鋼の巨人が扉の開閉部分を狙って壊したのは、強度の問題だけではなく、他の問題があったのかも?という事だけ頭に入れておこう
 かと思います。


 ●ハンジの巨人に対する考察

 ハンジは巨人の肉体がその質量にあるべき重量に到底達していない事実や何もないところからエレン巨人の体が現れたという所から、「私達に見えている
 物と実在する物の本質は、全然違うんじゃないか」と考察しています。
 これを読んで「集団幻覚説」を疑いましたが、実際に建物や物が壊されている破壊力、人間を握りつぶす力、食べられた人間の断面などを考慮すればやはり
 見えている現実で起こった事としか思えません。

 でも気になる言葉なので全否定はしないでおこうと思います。
 もともと巨人の存在自体が地球上では存在しない理屈でできているので、あってもおかしい事ではないんですよね。


 ●エルヴィン団長の言葉

 捕獲した巨人が殺され、立体機動で遠くに逃げ去った犯人。
 そこでエルヴィン団長が「君には何が見える?敵はなんだと思う?」という質問をしました。

 エレンは分からなかったようですが、「立体機動」で逃げたということは人間の、しかも兵士が犯人だという事になります。
 知性のある巨人の中の人も、もしかしたら人間に紛れ込んでいるかもしれないと以前ちょこっと書きましたが、「敵は味方にあり」の状態なのかもしれ
 ません。

 調査兵団勧誘の演説で、エレンの家の地下室の事を公にしたのは、もしかしたら104期の中に居るかもしれない敵が調査兵団に入らざるを得ない状況を
 作り出したのだと思います。
 調査兵団に入ればやはり最前線の情報が入ってきて対応もできますからね。

 人類は一丸となっていない事が浮き彫りになった事件でした。
 そして私は調査兵団を選んだメンバーを疑いの目で見るようになってしまいました・・・。


 ●マルコ、謎の死2

 ジャンがマルコの死体が立体機動装置をつけてなかったと言いました。
 確かめてみると確かにつけていません。

 もう1度確認になりますが、マルコは穴封鎖後にトロスト区に入り込んだ巨人を掃討する作戦というのがおそらくあってそこで命を落としたのではないかと
 考えられます。
 調査兵団も居る優勢な戦いであったはずなのに運がないですね。

 イルゼの時のように故障の可能性もありますし、マルコの性格上、故障した人にあげちゃったりしててもおかしくありません。
 あ、でもそしたらそのおかげで助かった人が何か言うかぁ。


 ●長距離索敵陣形が分からない・・・

 最初の列っていうのは分かるんです。
 ↑を向いて傘みたいに広がって外側から、初列、次列、三列・・・
 でもその後の番号がミカサの三、サシャの三までは前から数えてっていうのが分かるんですけど、エルミンの四とかジャンの四が分かりません;;
 さらに言えば壊滅した初列十も分かりません。

 賢いかた教えてください><。


 ●女型の巨人

 また1人、知性を持つ巨人が現れました。

 アルミンが言うにはエレン、超大型巨人、鋼の巨人、女型の巨人は皆同じという事ですから、それぞれに中の人が居る事も確定しました。

 巨人の中の人予想ですが、中の人が全て人間として登場してるとは限らない前提で分かる情報だけまとめてみます。

 トロスト区の超大型巨人襲来時に居なかった人が鋼の巨人。
 知性があるとなると845年のシガンシナ区への攻撃は2人で連携して行った可能性が高いです。
 それなのにトロスト区には出現しなかったため、その場には居なかったと判断しました。

 中の人が1人も出てきていないのがおかしいと考えると、超大型巨人は第104期の中の誰か?
 理由はトロスト区に居られる最後の日(チャンス)だったから。
 他の兵士なら他の日でもいい気がするからです。
 でも襲撃に5年間も空けて、しかも兵士に紛れて訓練してたのは何故かという話になってしまいますが・・・

 女型の巨人は兵士?
 今回の調査兵団の出発日、進むだいたいのルートなど特定していなければ襲撃する事は難しいと思います。
 内情を知る兵士か、その近くに居る人間ではないでしょうか?
 こちらは逆に調査兵団に入った104期である可能性は低いと思われます。
 何故なら、第104期メンバーは全員次列を任されており、そこで巨人化したとしたら内側から陣形が崩壊するからです。

 また、エレンをシガンシナ区に運ぶ演習だったとすれば調査兵団は南下していっていたと予想されます。
 それを陣形の右側から崩されたという事は「内地の方角から来た」ということです。
 ルート予測が当たっていれば壁の中に敵が混じっている可能性も高くなったと言えます。

 人間の時の性別は女性が巨人になると女型になるのか、元は男性でも女型になれるのかは不明なので、どっちも疑ったほうがいいと思います。
 超大型巨人、鋼の巨人にも同じ事が言えると思います。

 そしてこの巨人は何を目的としているのでしょうか?
 壁の中の多数の人間を狙わないで、調査兵団を狙う意味とはなんでしょう。


 ●知性のある巨人と他の巨人との関係

 知性を持つ巨人は他の巨人に狙われるという事が分かってますが、今回は兵士が「女型の巨人が巨人の大群を連れてきた」と言っている事から他の巨人に
 狙われないどころか扇動する方法があるようにも思えますが、「走ってたらそのへんの巨人に追いかけられたが移動速度が速いため襲われず先陣を切った
 ように見えた」とも取れます。
 それで追いかけていた普通の巨人は「近くに居る人間を襲う」ルールに従って、調査兵団を襲っていったのではないでしょうか。

 こう思ったのは、超大型巨人がいつも出現してすぐに姿を消しているからです。
 人間に倒されない為でもありますが、他の巨人に自分ではなくて人間を襲わせたかったからなんじゃないでしょうか。
 知性を持つ巨人の出現は、かなり広範囲の巨人を集めるようです。(特に超大型巨人は特別?)
 3巻の特別編リヴァイ兵士長では、壁が壊された時「巨人が街を目指して一斉に北上し始めた」とエルヴィン団長が言っています。
 穴が開いて人間のにおいがした、にしては毎回巨人は集まりすぎだと思います。

 この理論が間違っていたとしても知性のある巨人には扇動する力は絶対にあると思います。
 または普通巨人同士、コンタクトを取る機能があったりして。

 ところで巨人の一斉北上を「5年前と同じだ」と言ったエルヴィン団長。
 5年前の襲撃時、調査兵団は帰還後で壁の外に人類は居なかったはず。
 巨人が一斉に北上し始めたと「誰が」「どこで」見ていてどうしてその情報を知っているんでしょうね?
 怪しいです・・・
 他の部分では絶対に味方みたいな感じなのに。


 ●ハンジの性別

 巻末の偽予告の時にハンジがスカートをはいているのを発見しました!
 もしかして女性なんでしょうか?
 でも偽予告での事なので半信半疑で調べる事に。

 性別が分かりにくい「進撃の巨人」の世界ですが、読み返してみると一人称が「私」の人は女性っぽいですね。
 ハンジは「私」でしたので女性の可能性が高いと思います。

 個人的には男性のほうが良かったな。というかスカートを発見するまでそう思ってました。
 そして何故かハンジさんと、さん付けで呼びたくなるキャラです。

 それにしても進撃の世界には巨乳はいないのか・・・(いや興味とかは特にないんですけど)
 だってみんな貧ny・・・じゃなくて美乳ばっかりで男女の見分けできないじゃないですか!
 これは作者様の最近いろんな漫画で大量生産されているありえないサイズの巨乳萌えキャラへの反抗ですか?


←4巻(ネタバレあり)へ   6巻(ネタバレあり)へ→
作品トップへ

テーマ:進撃の巨人 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

5巻はリヴァイ盛りだくさんでしたね。
あの巻で兵長が好きになった女性が多いような気がします。

マルコの死亡は大きな謎の一つですね。
ずっと漫画の最初のプロフィールで死亡の状態で描かれていて扱いがひどい気もする。

調査兵団は食事があまり良いのを取れないのもあって、
無駄な脂肪がないんですよ。だからきょぬーも必然といない・・・。

>くまのさん

お久しぶりです♪
また、たくさんコメントをありがとうございます。

きょぬーが居ないのは栄養不足で発育してないからですか~そうかもしれませんね><。
食料難を伺わせる表現もあったし、兵士でなくても条件はそう変わらないのかもしれませんね;;

マルコの死はずっと謎なままですが、このままスルーされてしまうんでしょうか・・・
些細な謎でも最後には全部分かるようにして欲しいですね☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

ランサーズ

新着レビュー           新着コミック

ブログパーツ