クラウドソーシング「ランサーズ」 進撃の巨人 11巻(ネタバレあり) こみっくレビュー(漫画感想口コミサイト)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進撃の巨人 11巻(ネタバレあり)


進撃の巨人(11) (講談社コミックス)購入はこちらから

進撃の巨人(11) (講談社コミックス)購入はこちらから
進撃の巨人(11)特装版 (プレミアムKC)購入はこちらから
<公式レビュー>

 12巻発売待ち


<みっくレビュー>


 ●感想

 前半はエレンとライナーの戦いで、エレンはものすごく怒っていて悪口言い放題だったけれど私はライナーがかなり人間に情が移っていた事も知っていました
 し見ていてすごく悲しかったです。
 多くの悲劇を生み出した2人ですが、エレンが言うように苦しんで死ねばいいとまでは思えません。
 そして巻の最後のほうでユミルが指摘したように人格まで分裂してしまう程に苦しんでいたとは予想外でした。
 「戦士」にならなければならない理由があったのでしょう。

 そして前巻で思った通り、やっぱり2人にはエレンは敵いませんでしたね。
 次回、援軍の助けを借りてエレンとユミルはどうやって2人から抜け出すのでしょうか?
 そしてユミルはどちら側につくのでしょうか?

 巨大樹の上でのやりとりはずっと前の巻や主に9~10巻までの考察がほぼ正解だったため、何を言っているのかはだいたい理解できました。
 詳しい解説は以下の細かい考察にて。


 ●今回巨人について分かったこと

 ・知性のある巨人は普通の巨人に狙われる(エレン以外でも)。自在に操る術などは持っていない。(獣の巨人の場合は別のケースになるので9巻の考察
 を参照してみてください)


 ●表紙裏のルールがまた違った・・・

 今回で3回目になる裏表紙への言及ですが、前回まではカバー裏のルールは「前巻の物語終了時点で」、「生存」では表記され、「死または生死不明」で
 消され、「死ぬ直前」で薄く表記されるという事になると思っていました。
 ですが、今巻ではすでにライナーとベルトルトが消されていました!

 ということはこれは生死のみの判定ではなくて、敵か味方かという要素も加わってくるのではないでしょうか。
 「敵と戦闘可能状態」で表記され、「死または敵と確定」で消され、「死ぬ直前」で薄く表記されるという事になります。

 最後の巻にエレンだけが残るような悲しい裏表紙を見せないでくださいよ・・・作者様;;


 ●アニとミカサ、エレンを巡って対決!

 回想話で、男性も女性もいろんな意味で平等という兵士という立場なのに、アニが自分の事を「か弱い体」とか「女の子」と言ってたのがかわいかった
 ですね。
 8巻でもエレンに向かって自分を「か弱い乙女」と言っていたりして、エレンに女の子として見て欲しいという気持ちが伝わってきます。
 エレンの事が好きだったのかな。
 でも敵に回らなければいけないという立場に立たされたのはすごく悲しいですね。

 そしてそんな臭いを感じ取ったのか、ミカサがエレンを悪い虫から守ろうとしてやってきました。
 修羅場ですねw
 エレンは全く恋愛っ気がないから大丈夫だと思うんですが、こういう意味でもエレンを守ってきたんですね。
 そういう面は守りすぎたらいけない気がするんですけど・・・ヤンデレミカサさんw
 8巻でアニが巨人化して、エレンが巨人化できない時に「何か特別な感情が妨げになってるの?」と言ったのはこういう経緯もあり、まだ2人の関係を疑って
 たからなんですね。
 でもそんな一途すぎるミカサは大好きです。

 この勝負の結果は物語の途中では出てこなかったけれど、私の予想ではミカサが勝利したと思います。
 1巻で「エレンの対人格闘術はミカサに次いでトップだった」と送別会の時に言っているので、ミカサの強さは圧倒的だったのではないでしょうか。
 アニは憲兵団に入るため点数になる立体機動の科目以外は手を抜いていた可能性が高いので、この本気モードの時は勝利できた可能性も捨てきれない
 んですけどね。


 ●ハンネス、無実を証明

 10巻の考察にも書きましたが、「超大型巨人」ことベルトルトが、最初の壁ウォール・マリアを壊すために誰かに立体機動で連れていってもらい壁外に出て、
 また素早く立体機動で壁の中に戻り避難したというのでなければおかしいと以前から私が言っており、その頃から居て名前が出てる人ってハンネスしか
 いないんじゃないかと思ってたんです。
 可能性は低いなとは思ってたんですが。

 ですが今回の巻で、超大型巨人が現れた時に街の中に居たアリバイ的1コマがありました。
 そういえば2回襲撃されてますがどっちの時のコマだったんでしょうか?
 これが2回目のシーンでしたらベルトルトはすでに兵士だったので自分で行けますので、まだ疑いは晴れません。
 襲撃の2回の状況を比べてみます。

 まず「超大型巨人」は2回とも壁に左手をかけて蹴りを入れてましたので、ここでは判別不可能。
 次にハンネスの装備や服装。
 2回とも同じく駐屯兵団ジャケットに立体機動装置をつけていました。
 では壁の状態。
 1回目は壁上に何もなかったですが、2回目は超大型巨人の顔のあたりに簡易な家、リフトやら壁上固定砲が見えます。
 ということは1回目の襲撃の時だったようにこの絵は見えますね。

 ハンネスの無実が証明されました。
 良かったです。
 名前出てる人が敵だとどんどん分かっていくと心が痛いですので。


 ●ライナー達の話で分かったこと、予測できる事

 知性のある巨人が壁外で普通の巨人の脅威に晒されるというのは今まで「何言ってるんだコイツ?」って思われながらもそう言い続けてきた甲斐があった
 というものです。
 やはり彼らには普通の巨人を操る術や狙われないようにする術など持っていなかった事がようやく明らかになりました。

 手が届きそうなのに襲って来なかった巨人がいるのは「ユミル様」が居たから?
 それに対するユミルの「繊細なんだな」という見立てもちょっと巨人に愛着があるように感じられます。

 ユミルの「城の巨人は平気で動いてたぞ?ここの巨人はどうだ?」という問いかけに対して、「ここの巨人は夜には動けない」というライナーの回答。
 さらには「そんな事お前なら分かってるんだろ。ユミル」という返事までしている事から、ライナー達はユミルが自分達と同じ知識を有していると思い込んで
 いるようです。
 ですがこのやりとりと、今の状態で巨人に変身できるか?という判断をユミルができなかった事と、10巻のコニーの村の件をはぐらかした件などを見ている
 と、ユミルはライナー達が知っている事の全ては知らないように見えます。

 知っているとしたら、自傷で巨人になれる、傷は回復する、知性のある巨人は狙われる、人間を巨人に変身させる術を持っている者がいる(または何もない
 ところから巨人を生み出せる)、海とその向こうの大陸の存在(故郷?)について知っている、本当の敵を知っているといったところでしょうか。

 夜に動ける巨人の謎は、9巻で考察してあるので詳しく気になるかたはそこを読んでいただきたいのですが、「もとは人間で無理やり変身させられた巨人
 (エレンとは違う原理。自我と知性は乏しい)」は夜に動けるという結論が出ています。

 ベルトルトは本当に「戦士」ですね。
 戦士としてはライナーより上だった事を物語ってます。
 普段物静かな彼が戦士に徹しているのは、もしかしてライナーより故郷に帰ろうという思いが強いのかもしれません。
 赤い炎より青い炎のほうが実は高温で危ないといったところでしょうか。
 それでもエレンに罵倒されたように大量殺人鬼というような快楽で殺している節はまったくないですけどね。
 きっかけを作ったのは彼らかもしれませんが、人間を食べたのは普通の壁の周りに居た巨人です。


 ●ライナー達は獣の巨人とグルではない

 前にも書きましたが、ライナー達と「獣の巨人」は協力しあっている関係にはありません。
 そもそも繋がっていたなら、9巻でミケに立体機動装置の事を尋ねたり、持って帰って調べたりする必要はありません。
 兵士の情報ならライナー達が3年間で学んだことを嫌というほど教えてくれるでしょうから。

 ただ、「獣の巨人」を目を輝かせて見てたというのは気になりますね。
 一般的に人が子供みたいに目を輝かせて見る場合って、英雄やアイドルなどを憧れの目で見る時や、欲しかった高価なおもちゃを見る時とか、大好きなもの
 を見る時とかなんですよね。
 「外の世界」では、実は人間より猿のほうが上位の動物になっていて仕切ってたりして。
 まさに映画『猿の惑星(ピエール・ブール)』状態!?

 気になる事ですが、エレンが猿の話を聞いて「さる」ってなんだ?という質問をしています。
 一見、「獣の巨人」の事を聞いてなくてなんのことだ?と聞いているようにも見えますが、1人だけ「さる」とひらがなで表記していた事から、「猿という動物
 自体を知らなかった」という推測ができます。
 そういえばコニーもあれを名づけるなら「猿の巨人」が妥当なところを「獣の巨人」と呼んでいましたね。
 最初に遭遇したミケも猿とは呼んでいませんでした。
 エレン達の壁の内側には猿は生息していないのかもしれません。
 それはやっぱり猿独自の文明があるからになるのでしょうか。

 ただ、ユミルが指摘したようにライナー達は「獣の巨人」と同じところを目指していて、そこから故郷に帰れるとまで言っているので全ての巨人に共通した
 何か大きな動きがあるのは間違いありません。
 私の考察だと、故郷というのは海の向こう側にある「旧大陸」の事を指すんじゃないかと思います。
 この作品のネタバレあり(総合)ページでも書いてありますが、単行本のカバーを取って逆さにした情報によるとこの世界は巨人が現れて、人々は新大陸へ
 海を渡って逃げ、用意された壁の中に逃げ込んだとされています。
 ですので海を越えたむこうは「巨人の原点」であり、故郷と呼ぶのにふさわしい場所であると思われます。

 そこへ行くのには「船」がおそらく必要で限られた人数しか助からない旧約聖書にあるような『ノアの箱舟』状態であるかもしれないと思いました。
 ライナーが発言した「クリスタ一人くらいなら、俺達で何とかできるかもしれない」という発言からそう思いました。
 それに乗るのは巨人化できる者に限らないということです。
 人類を絶滅させないでこんなに抵抗ばっかりするエレンを何としてもそこに連れて行くという理由は依然として謎のままですが。

 そしてライナーが言った意味深な言葉、「この世界に先があると思うのか?」ユミルに対して「自分の僅かな命かクリスタの未来か」というのはすごく気になり
 ますね。
 「この世界」とは壁の中の世界の事を言うのでしょうか?
 それとも新旧の両大陸?
 惑星規模までも考えられますが、「クリスタの未来」という表現から「あるもの」から無事で居られる場所があるという事はエレン達がもともと居た「新大陸」
 に何か危機が迫っているのかもしれません。

 ユミルの僅かな命というのは色々な意味に取れるんですが、ライナーが「俺らに付いてもお前の身の安全はおそらく保障されない」というセリフから一味の
 アジトに連れていかれるまでの短い命ともとれますし、もうすぐ終わってしまうこの世界で終末を迎えるまでの短い命ともとれます。
 そうなると巨人一族全てに何か脅威になる存在が浮き彫りになってきます。

 本当の敵は「せー・・・」なんでしょうね?
 ちょっと考えてみたけど分かりません;;
 ネタですが「セーラー服を着たエルヴィン」が一番最初に思いつきました・・・すみません脳みそ終わってます・・・
 何か思いついたらまた書いてみようと思います。


 ●2重の嘘予告に騙されたクマー

 いつも1回だけだった嘘予告が、今回2ページになっていて一瞬騙されました・・・。
 アルミンとジャンの巨人化した顔がひどいww
 私のかわいいアルミンが・・・

 クリスタは「女型」でアニよりもセクシーで羽まで生えてる。
 やっぱヒロイン決定なのかな。

 そういえばサシャがいませんね。
 次巻でも合流はまだなのかな~活躍が見たいです。
 ストヘス区に居たエルヴィン団長ですら間に合ってるのにどこに行っちゃったんだろう;; 


←10巻(ネタバレあり)へ   12巻限定版(予約受付中)へ→
作品トップへ

テーマ:進撃の巨人 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

2重の嘘予告、真面目に騙されました!
クリスタはまさに「女神」(by.ジャン)ってかんじですね。
コニーがバーン!ってポーズなのにちっちゃいままなのがすごくツボです。
ミカサの男らしさったらない…!

>ぺすさん

コメントありがとうございます♪
今回の嘘予告はかなり反響大きいですよねw

全てのキャラにツッコミどころがあるというクオリティの高さ・・・
クリスタ巨人になら食べられてもいい!(by 今回頭をペチッってはたかれてたピクシス司令w)

初めまして!

遊びに来ました。
進撃の巨人11巻は考察し甲斐のある巻でしたね。すごく面白かったです。戦士という立場をわきまえている面ではベルトルトの方が厄介であり、読みにくいキャラだと感じるものでしたね。あと二重のウソ予告は自分も騙されました…w

こんにちは~ コメントありがとうございました! 歴史をコンシューマ派に取り戻すのだのスティンです。
相互リンクの件ありがとうございます。喜んでさせて頂きたいのですけれどやり方をよく分かっていませんorz どうすればいいでしょうか?
それと返事はここでよろしかったでしょうか?

9巻の描写確認しました。確かにこれは中からですね…… そこまで気付けていませんでした。
夜に動ける巨人が、獣の巨人の能力(?)か何かで無理矢理巨人にさせられた人々ということでしたら、ウドガルド城を襲ったのはコニーの村の住民ということになるんでしょうか……
ただ、そうした場合に気になってくるのは夜動けない巨人はじゃあなんなのかということです。
獣の巨人の言い方から、うなじに「いる」のはどの巨人も共通だと思いますので。普通の巨人も元は人間のような気もするのですけれど。どのような方法でという違いになってくるんでしょうか……
夜動けるのは獣の巨人側が最近開発した改良手段で、通常の巨人は動けない。そういった意味なら通じるような気も。違うかな?w
そもそも夜に動けない理由もハッキリしていませんものね……

こんにちは~

相互リンクのお誘いありがとうございます。さっそくリンクさせて頂きました。

いやー素晴らしい内容ですね! とても面白いです。
アニはエレンに男女の面でも執着していて敏感なミカサはそれを感じ取っていた,という感じでしょうか。

なぜアニ・ライナ・ベルトルトがエレンに固執するのか。今だに大きな謎ですね。
というか進撃の巨人は話が進むつれてどんどん頭が混乱してきたので,みっくさんの所で今後補完させて頂きたいと思います(笑)

巻末のダブル予告はみなさん騙されたようで…
私も予告と気がつくまでしばし考え込むことに。
気持ちいいほど見事にヤラれました。

>ぽんこつさん
初めまして~♪
コメント残していってくださりありがとうございます!
11巻はバトルあり、考察あり、そしてあの嘘予告ありで過去最高に楽しめた巻だと言えますね☆

ミカサが無意識のうちに手加減をしてライナーとベルトルトを殺せなかったように、ベルトルトのほうにも何か仲間を想うような、そんな気持ちが残っていたらいいですよね。
彼がどう動いていくのか、今後気になります。

>スティンさん

お返事ありがとうございます~♪ここで大丈夫ですよ。

まずFC2のリンクの追加の仕方は、「管理画面」から、左下のほうにある「設定(緑色)」の項目の中に「リンクの編集」というのがありますので、そこをクリックします。
そうすると「リンク追加」というページが出てきます。
そのページの「サイト名」「そのサイトのURL」「挿入位置」を入力して、下の「追加」ボタンを押せば登録は完了です^^
挿入位置は数字の1を入れればリンク集の一番上に、何も入れなければ一番下に配置されます。
スティンさんの場合、管理画面が項目に入っていらっしゃるようなので、今回は1か2を入れると今後も使いやすいのではないかと思いますよ☆

私のように、各ブログ様の新着記事を自動で拾って表示してくれる「RSSリンク」というのはまたやりかたが違うので、それをやりたかったらまた聞いてください♪

ウトガルド城を襲ったのは残念ながらコニーの村の住人さん達です・・・
お母さんは残っていたけれど、コニーのお父さんや兄弟は巨人化して調査兵団の先輩に殺されてしまったと思うといたたまれない気持ちになりますね;;

巨人が夜に動けるかどうかの問題ですが、巨人を「兵器」として捉えるなら「獣の巨人」が作り出した最新型のほうが優秀という見かたは確かにできますね。
普通の巨人のうなじに何かが「いる」というのは、中に入っているのは人間に限った事ではなく、自然界の動植物や、突飛な話をすれば透明な宇宙人や寄生虫が「いる」のだと思います。
人間は夜にも元気に活動できるから、そこから作った巨人は夜に活動でき、他の巨人はもとの「何か」が夜には活動しない為、夜に動けなくなるのではないんじゃないかな~と思っています。

>ひそかさん

リンク許可ありがとうございます♪
ブログ内容もお褒めの言葉を頂き恐縮です><。

余談ですがスピンオフ漫画「巨人中学校」のほうでは、エレンを巡ってのミカサとアニのラブコメが繰り広げられているそうですよw
アニがエレンを好きなのはほぼ公式設定と思っていいんですね~。
本編ではそんなエレンにブチギレで戦われたり、悪く思われたりして、アニの恋もミカサと同じくらい報われないですね;;

丁寧にどうもありがとうございます。リンク追加させて頂きました(多分合ってる……ハズw)
RSSリンクは、そうですね、まだ当分いいかなと思ってますw
今後リンク先が増えたのなら考えることもあるかもですがw

人間以外の何かがいる可能性ですか。
巨人の肉体を生成するのに媒介となるのが人間でなくてもいいと……
でも例えば中身が馬だったりするとでかい馬になりそうな気もw
それこそ獣の巨人のうなじには「猿」がいたりしてwww
夜に行動できないとなると、やはり植物系なんでしょうか……

>スティンさん

登録ありがとうございます☆
ちゃんとできてましたよ~

そうなんですよね~・・・
偽予告のでもそうなんですが、巨人化するともとの人の面影がある傾向にあるのでなんでも巨人になれるんだったら馬の巨人とかいても全くおかしくないのに居ないんですよね><。
コニーの村でも馬はつながれて放置でしたので馬は巨人化できないって事ですよね。。。

獣の巨人が倒されて中身が明らかになったら巨人の謎もだいぶ絞れてくると思うんですが、きっとあれはラスボスかそれに近いクラスっぽいので分かるのはまだ先になりそう;;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

ランサーズ

新着レビュー           新着コミック

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。