クラウドソーシング「ランサーズ」 進撃の巨人 12巻先行レビュー 第49話 突撃(ネタバレあり) こみっくレビュー(漫画感想口コミサイト)
FC2ブログ

進撃の巨人 12巻先行レビュー 第49話 突撃(ネタバレあり)

●あらすじ

エルヴィンが引き連れてきた巨人の群れ。
ライナーこと鎧の巨人はタックルで突撃するが、巨人の数の力に負けて囲まれて動けなくなってしまう。

その状態をチャンスと見て、調査兵団はライナーに突撃をしエレンを取り返そうとする。
突撃の最中、エルヴィンが巨人に捕まり右手を食べられてしまい団員に動揺が走るが、エルヴィンは怯むことなく突撃続行を命令する。
また、ミカサも突撃中に巨人に捕まれ負傷を負ってしまう。

苦戦する状況の中、アルミンはエレンを背負っているベルトルトに接近する事に成功。
どうすればいいか考えた末、アニが捕獲されてさらに拷問を受けているという嘘まで伝える。
それに激昂するベルトルト。
我を忘れアルミンに襲いかかった隙を見て、エルヴィンがベルトルトに斬りかかった。

拘束から開放されたエレン。
ようやく味方のもとに戻ることができた。
クリスタとユミルも状況を見てとりあえずこの場を離れることに。

そんな中突如としてエレンのミカサの前に、エレンの母、カルラを食べたあの因縁の巨人が姿を現す!


●エルヴィンの心変わり?

今回、エルヴィンが「エレンなくして人類がこの地上に生息できる将来など永遠に訪れない」と発言しエレンの奪還を最重要視していました。

ですがエルヴィンは、7巻の時点で女型の巨人が再び現れる可能性も十分予測しながら、エレンの居るリヴァイ班を残して早々に帰還しようとしていました。
リヴァイにガスと刃を補給させてはいたものの、女型の巨人に対して仕留め切れる十分な戦力があったとは思えません。
また補給によって手遅れになる事だってありえたでしょう。
むしろリヴァイ班の犠牲は補給による手遅れによるものだったと思います。
この判断や囮に使ったりした事はエレンの命を軽視してたとしか思えませんでした。

それが今回、エレンが最重要になったのは何があったのでしょうか?
ハンジから硬化の能力で穴を塞ぐというのを聞いていたとしても、態度が変わりすぎではないでしょうか?
彼の中で何があったのでしょう。

順当に考えれば、超大型巨人も、鎧の巨人も、立体機動装置では100%倒せないことが分かったので巨人化できるエレンしか対抗手段がないと悟ったというところでしょう。
でもエレンが居ないと人類滅亡とまで思っているのは、何かを新しく知ったではないかと思って怪しいと思いました。
「エレンがこちら側にいる」ことではなくて、「エレンがあちら側に居ない」事が本当の狙いなんじゃない

かと思います。


●壁の中の人類=悪魔の末裔

ベルトルトがアルミンを「悪魔の末裔」と呼んでいました。

これについて考えてみたのですが、王政の人間ではなく末端の一般市民であるアルミンまでもが悪魔の末裔と呼ばれるという事は、壁の中の人類全てがそうであるという事を指し示しています。

悪魔と呼ばれる所以がどこから来たのかというと、私はまた単行本の表紙を取って逆さまにした情報が大きなヒントになると思いました。
もともと巨人の発生した大陸から人類が逃げてきた人達は、情報にあるように「ごく少数の権力者」たちだけだったのです。
その人達が、壁の中にもともと居る人達を追い出したにしろ、権力者じゃない平民をもとの大陸に置き去りにしたにしろ、「悪魔の所業」と呼ばれるにふさわしい行為だと思います。

また、この発言はベルトルト達が壁の中の人類の過去の人や未来の人であるという可能性を切り捨てただけでなく(そうであれば自分も悪魔の末裔にあたるので)、本拠地に住んでいる人は壁の中の人間とはつながりがなく、全く別の土地で100年以上生きているというという現実も見えてきます。

もう一方の人類はいかにして巨人から身を守っているのでしょうか?
壁の技術は知っていたらもう1つ壁を作ったか、あるいは自然の地形を利用して崖の上、島などでも暮らしていけそうですね。
ニシンが捕れるのでたぶん崖の上はないですね。
巨人と共存しているという可能性だってあります。


●845年初回襲撃時の話

ライナー、ベルトルト、アニがもとから外部の人間だと分かったところで、今まで思っていた事と逆の疑問が浮かび上がりました。
最初は「ベルトルトがどうやって外に出たか」が疑問でしたが、「ライナーとアニがどうやって中に入ったか」になりました。

これにはやはり立体機動装置が不可欠だと思います。
ですがそれらしい人物は全く出てきませんし、人材的にも協力する兵士の存在はおかしいと思います。
ライナーは最悪、巨人の姿で他の巨人を振り切って内門まで走ればいいですが・・・

アニメ設定ですが、アニはエレン達と同様にこの時入り込んで船で避難しています。ちなみにアルミンもエレンと同じ船(最終便)で避難しています。
とりあえずアニメ設定は原作と別物としてあまり参考にしないようにしてるので、深くは考えませんが、少なくとも1人の子供が壊れた壁の外から入ってきて、2人の巨人が出たり消えたりして・・・と思うと目撃者が居てもおかしくないんじゃないかなと思ってしまいます。


●カルラを食べた巨人再登場について

エレン、ミカサ、ハンネスという当時のメンバーがそろった時に現れたこの巨人(以下カルラ巨人)、このタイミングで来るとは正直ビックリしました。

長い間言われてきたアルミン黒幕説、アルミン=カルラ巨人説がついに絶滅する時が来ましたね。
次の回でアルミンと同時に登場してたら引導が渡されますね。

また、この巨人が他の巨人に狙われていない事から知性巨人ではない、カルラも知性巨人ではなかったという事が分かりました。
エレンと同じ注射が主婦に打たれてたとしたら、包丁でうっかり手を切ってしまって巨人化とかあっても迷惑ですしねw

次回、エレンとミカサが万全でない今、ハンネスが立ち向かっていって死亡かリベンジ成功の2択・・・とどう

しても考えてしまいます。


●いい事を思いついた

偶然かもしれませんがカルラ巨人がウォール・マリア内南西に居ましたよね。
5年たってシガンシナ区からマリア南西ということはそんなに奥地に行ってない事が分かります。

つまり、巨人は南に比べると北のほうにはそんなに居ないかもしれないという可能性があります。
実際、超大型巨人も南側を2回襲撃しているので南が一番巨人が多いのでしょう。

それでいい事を思いついたのですが、シガンシナ区へ行くルート、もしかしてウォール・ローゼ北のユトピア区(アルミンは北端と言ってましたがおそらく活動領域のという意味でしょう)から出発して、??区(マリア北端)から壁の上をシガンシナまで半周安全に走って、シガンシナに着いたら降りたらいいんじゃなかろうか・・・と。

急がば回れ作戦、どうでしょうか。

12巻限定版(予約受付中)へ戻る

テーマ:進撃の巨人 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

ランサーズ

新着レビュー           新着コミック

ブログパーツ